So-net無料ブログ作成

今日の綺麗。1月。 [今日の綺麗]

1月に見た光景。
今日の綺麗まとめ、、、。

■1月14日
12507410_898211816940898_1409165315715352510_n.jpg
冬の朝は冷たいけれど、影に温もり感じ、
寒さも和らぐ。

12509234_898211840274229_883474754579536456_n.jpg
冷たい風吹く橋の上、雲の壁煌めく。

■1月21日
12507681_902088033219943_5114500435794211678_n.jpg
冬を纏う。
雪化粧の山々。

12509780_902088053219941_3500023525591237323_n.jpg
太陽の滴。
冷たい風も、心地よい朝!!


■1月25日
12642771_904356166326463_6054073331392530404_n.jpg
冷たい風吹く冬の日の、空からの贈り物。
大きな美しい色のお月さん。


■1月27日
12592335_905418866220193_7224685089061979657_n.jpg
空のキャンバスに、大きなVサインv(^_^v)♪


■1月28日
12644967_905769902851756_4092114278558170474_n.jpg
いつもと違う時間、いつもと違う道を通り、偶然出会う人がいる。
短い立ち話の中で、笑顔溢れる。
嬉しい一日のハジマリ。

12647051_905769909518422_7941954349189902410_n.jpg

12654482_905769932851753_4209915496344600285_n.jpg
空は、翳っている。
大陸から到来か(=゚ω゚)ノ

■1月30日
12631439_906921449403268_946587195583317186_n.jpg

12662734_906921416069938_6570083766584159815_n.jpg

12645212_906921409403272_8488285724137979168_n.jpg
壮大な空に雲の博覧会(^_^)v
夕暮れ空模様。



旧友再会 [今日の綺麗]

今は、最東端の町に住む、高校時代の友達が、ライブを目的に、京都に来てくれた。
卒業してからは、数回しか会っていないけれど、会えば、昨日の続きの会話。
乙女の頃に戻れる。
あの頃の話、、今だから話せる話、、、。
歳と共に、友情が深まる。

12540587_903618346400245_6579275903763215828_n.jpg
青ひと色の日に来て、二日後、また、青ひと色の日に、
35年振りの、ふるさとの風いっぱい纏い、帰って行った。

12400584_903618356400244_1366548506976740836_n.jpg

12573874_903618389733574_143324359860953797_n.jpg
帰る日、大寒波の余波で交通ダイヤの乱れ。
幸いに、五分遅れの新幹線に乗れたけど、東京で、東北新幹線への乗継が、
20分しかないらしく、無事、乗り継ぎが、できるのか、不安抱えて、新幹線を見送った。
別れ際、彼女が言った。

「大丈夫。まずは、駅弁買って、乗換口まで走るわ。」

「それ、ちゃうやろ。。。 まずは、乗継優先やで〜。
お弁当は、後や、後、、、。」

心配かけないようにと、ジョークだったと思うけれど、

二時間半後、駅弁の写真が送られてきた。
・・・やっぱし、、、駅弁優先したんや、、、)^o^(

新幹線は、東京に到着する頃には、遅れを取り戻し、
無事、駅弁も買えて( ^)o(^ ) 乗継できたそうな、、、。

------------
歩き疲れて 立ち止まる 懐かしい扉をひとつ開く
あの日見た夢 あの頃の思い出 嫌な思い出も 今は眩しい

大きな歩幅で背伸びして 強がっていたあの頃
思い出の中の友が笑う あなたらしく歩けばいいと、、、、
------

ライブと旧友再会。。
嬉しく心躍る三日間。

さぁ、また、今日から、新しい扉の中、歩いて行こう!!

風花音紡ぎ 〜時の扉〜 ありがとうございました。 [音紡ぎの余韻]

■1月22日  風花音紡ぎ 〜時の扉〜  モダンタイムス
 ゲスト: 萱野たまき(VL.) YUKARI(Per) Swing tee's&しょーちゃん

1.jpg
寒波と寒波の狭間、空色綺麗な風花日和の日、
ゲストの方々、お越しいただきました皆様と共に、
優しく嬉しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。

12507663_902578193170927_8835822285936200246_n.jpg
ライブの朝。
青ひといろ。
翳りない空。
風花日和v(^_^v)♪
視界良好☆〜(ゝ。∂)

12495224_902712783157468_237638292150454640_n.jpg
このステージから、今宵は、音のお便りをお届けする。
歌い出した頃から見ている光景。
10ケ月ぶりの、このステージ。
今宵は、どんな光景が広がるのだろうか、、、。

12376372_1058285764223724_1457003260246544195_n.jpg
音紡ぎの扉が開く

12523917_1695373987414339_694394596545717265_n.jpg

12540849_903173066444773_2096541846141348491_n.jpg

12540791_1695373914081013_8674800605224291869_n.jpg
風花ひとひら あなたの心に 届きますように

12418104_903173083111438_3464242393609631441_n.jpg
定番になりつつある、アコーディオン&ギター

12495214_904983459598042_5876191091122325824_n.jpg
昭和な音色のアコーディオン。
哀愁漂います。。。

たまきちゃんさんにん.jpg
ゲスト 萱野たまきさん
風花サウンドには、たまきさんのバイオリンが欠かせない。
四年前の、〜空が笑った〜 の、音紡ぎから、サポートしていただいてます。

たまきちゃん三人.jpg
今回も、歌いながら、何度も、ブラボーって、叫びたくなる程、
心地よい音、旋律、、、。

ゆかり.jpg
ゲスト YUKARIさん

パーカッションが入ると、音も弾みます。

ティーズ.jpg
ゲスト Swing Tee'S&しょーちゃん
五年程前から、Swing Tee'Sの演奏サポートも風花はさせていただいてます。
良き先輩、良き仲間。音楽の厳しさ、楽しさも、学ばせていただいている、
尊敬すべき、グループです。
二部の最初に、ゲストステージは、
お客さまからの手拍子もあり、盛り上がりました( ^)o(^ )

12508889_1058285564223744_2665208067822405660_n.jpg
Swing Tee'Sさんにコーラス&YUKARIさんのパーカッションと共に、
豪華編成バージョンで、二曲お届け。


ほほえみ.jpg
何度も、音を重ねているメンバー。
ステージ上も、笑顔あふれます。

エンディング.jpg
エンディングは、ゲストの方全員で、〜わすれもの~
ゴージャスサウンド!!

ゲストの方と共に、作り上げる音楽。
風花プラスのサウンド。
音楽の化学反応。
1ブラス1イーコル2ではなく、無限大。
意外な化学反応に、音のキャッチボール。
これぞ、音楽の醍醐味!!


ゲストの萱野たまきさん、YUKARUさん、
Swing Tee'S&しょーちゃん、スタッフのはるちゃん、
カメラスタッフの勝手に名付けたゆづる君。
PAのゆづる君、モダンタイムスのスタッフの皆様、
いつもわがまま聞いていただいている、角口店長。
時間を共に過ごして下さいました皆様ありがとうございました。

風花り音楽、ライブに、本当に多くの方が、手を紡いで下さり、
また、応援をして下さっているのだと実感の夜でした。

また、ライブを聞きに、電車で、八時間もゆられて、
日本最東端の街から来てくれた、Kちゃん夫妻にも、感謝いっぱいです。

~時間を共に過ごしていただきました皆様、ありがとうございました~


また次回.jpg
また、ひとつ時の扉を開け、今日から、
新しい扉の中、歩いて行きます。
ありがとうございました。



雪の朝。 [今日の綺麗]

FullSizeRender.jpg
雪の朝。


2.jpg
降り積もる雪に、最初の一歩。
今日は、バースデー。
新しい歳のハジマル。
白いキャンバスに、何を描こうか、どんな色を描こうか。


6.jpg

7.jpg
ゆっくり、雪景色を楽しみながら、30分程の道のりを、
仕事場まで歩く。

IMG_1041.JPG

3.jpg
誰もいない公園。
雪を踏みしめ、ザクッザクっと歩く。

1.jpg
冬の紅に真綿花。

傘に降り積もる雪の重さに、歳を重ねる人生の重さも感じる。

特別な日。
おめでとう〜の言葉が、格別な言葉となり、心に花がいっぱい咲く。
そして、ありがとうの花を贈る。

新しい歳、地に足をつけ、心磨き、音重ね、音紡ぎ、
ステキに歩いて行けたらと思う。


新春1月の音紡ぎな日♪ [音紡ぎな日♪]

春 育む 蕾ひとつ
寒空に 揺れる

春 育む 夢ひとつ
寒空 彷徨う

心の花 春まだ遠く
芽吹き 萌立ち 花蕾

時はめぐりて 花は咲く
時はめぐりて 夢は咲く

春咲く 一輪
寒天の空に届け


2016年。
どんな光景の中で音を紡ぐのだろうか。
初春に向かい、心新たに、歌い紡いでいきます。
風花の世界に、どうぞお越しやす-っ。

-----------------------
音紡ぎ ~act--1~

音紡ぎはじめです!!

昼は木漏れ日、夜はツキアカリ・・・
鳥の声、木々の囁き--。窓から見える景色。
天井も高く、自然なリバーブ。
アコースティックな音が響きます。

■1月11日(祝) OPEN 12:00 START 13:00

ゲスト : Yucco / 荒木カズヒコ

チャージ 投げ銭

■ライブレストラン音や
http://otoyalive.web.fc2.com/
京都市右京区嵯峨柳田町33-1 
TEL.075-882-1225

------------------
音紡ぎ ~act--2~

ゼスト御池 〜音楽ひろば〜

昼下りから夕方まで、御池合唱団の方々の、なつかしい唱歌で、
二胡や、弾き語りの方々のミニライブがあります。
お買い物ついでに、ふらり〜と、お立ち寄りくださいねっ。

■1月16日(土) ゼスト御池 〜御幸町広場にて〜

風花の出演時間等は、16:45から17:30の予定です。

■ゼスト御池
http://zestoike.com/
京都市中京区御池寺町東入下本能寺前

---------------
音紡ぎ ~act--3~

ビリリと冷たい風吹く頃のライブ。
風花 音紡ぎ 冬の章  〜時の扉~
風花の世界、ワンマンライブで、た--っふりとお届します。
20日のバースデーの後々夜祭!(^^)!
どうぞ、優しい風に吹かれにお越しください。

12208462_868419769920103_2575104551270921609_n.jpg

■2016年1月22日(金)  OPEN 18:30 / START19:30

¥2,500(1drink&food付き)

【Guest:】
萱野たまき(バイオリン)  
YUKARI(パーカッション)
Swing Tee's

●モダンタイムス 
http://www.mtimes.jp/  
京都市中京区木屋町三条上る
エンパイヤビルB1
TEL.075-212-8385

--------------
音紡ぎ ~act--4~

僧侶が経営されているカフェで、歌わせていただきます。
マイクなし。初生歌ライブです。
楽しみ楽しみ----っ。

【 雑派倶楽部 ライブセレクションシリーズ vol.245 】

■1月31日(日)  18:00 OPEN

ライブ   19:15〜20:00 / 20:15〜21:00

出演:楠木しんいち / 風花

チャージ 投げ銭

CAFE  PARADISE GARAGE
下京区下長福寺町二八一番地 一階
( 大宮五条の交差点を西へ一本目 北側の角地  )



-----2017年2月~の予定(12/14 現在 変更になる場合もあります)----

■2月6日(土)嵐山・音や ランチタイム

■2月11日(祝) 祇園・シルバーウィングス
 
■3月6日(日) わからん屋

■3月12日(土) 嵐山・音や ランチタイム

■3月21日(祝) 伏見・レミューズカフェ USMA同窓会ライブ

■4月9日(土) 嵐山・音や ランチタイム

■5月8日(日) 南知多半島 食と健康の館 野外ステージ

■5月15日(土) 嵐山・音や ランチタイム

■5月28日(土) 古都の彩in奈良  奈良・ビバリーヒルズ

■7月10日(日) 嵐山・音や ランチタイム

■11月12日(土) シルバーウィングス  〜wedding anniversary 30th〜 

2016、冬を歩く。 [今日の綺麗]

■1月10日  

11214112_896205843808162_2596145246480002595_n.jpg
雲ふわり、空綺麗な日。


12439150_896205853808161_4203984373063374742_n.jpg
例年10日頃には、八坂神社も、人出は少ないのに、混雑していた。

境内では、祇園えびすの笹が売っていたり、
羽子板遊びのコーナーができていた。
今まで、気づかなかっただけなのか[?]

10672046_896205870474826_1134752726476950736_n.jpg
円山公園の桜の木、空見て芽吹いていた。
春待ち風吹く昼下がり。


12507210_896412303787516_5609615523255518409_n.jpg
商売繁盛で笹持って来い?♪

1013337_896412330454180_8985484665600691309_n.jpg
混雑を避け、午前0時前の、えべっさん。
閑散としているのかと思っていたら、賑わっていた。

えべっさん、たまんますえ?( ^)o(^ )

雪の奏 VOL.4 [今日の綺麗]

■1月5日 晴れのち雪 積雪45センチ

10632595_893627140732699_9153018117414827647_n.jpg
最終日も晴れ☆〜(ゝ。∂)
12508856_893627234066023_7128336460844404846_n.jpg
太陽が眩しい


10399538_893627134066033_7859489065497675790_n.jpg
例年は、雪化粧している熊笹の青さ、美しい。

940864_893627204066026_1870999526137221384_n.jpg
私をスキーに連れて行ってのロケ地の、プリンスホテル東館。
焼額山スキー場所は、リゾート気分満喫できる。


10603466_893099424118804_1484256745584212378_n.jpg
昔のスキー場のランチといえば、カレー、ラーメンが定番で、
席を取るのに、席が空いたら、手袋で場所取り、、など、
ランチタイムも、大変だったけど、最近は、席もゆったり、
イタリア料理や、スウィーツなどもあり、ゆっくりとランチタイムを過ごせる。


944654_893627167399363_1920984386596340579_n.jpg

12507590_893627174066029_1497136728549220779_n.jpg
雪の奏も、三日間、風花日和。
雪質は、どんどん悪くなるも、壮大な景色の中、滑り降りる醍醐味、
標高2,000メートルから見る景色は、素晴らしい。

今年も、会いたい景色に、会いに来れました。


735122_893674150727998_3761110083666611240_n.jpg

12508916_893674160727997_4945222006752244859_n.jpg
あと一本滑って帰ろうと、ゴンドラ降りたら雪が舞ってきた。
強力な晴れパワー退散を空が見ていたのか^_−☆


旅の終わりは、次の旅のハジマリ。
2016始動v(^_^v)♪

雪の奏 VOL.3 [今日の綺麗]

ここ20年程は、奥志賀や、私をスキーに連れて行ってのロケ地、焼額山で、
滑っていたけど、今年は、お日様に誘われて、一ノ瀬、寺子屋方面に、ツアー。


1917225_893164210778992_9203239664076535115_n.jpg
同じスキー場なのに、雰囲気ちがう。

936625_893164277445652_7488217279066037667_n.jpg

10441294_893164174112329_1247143910128052796_n.jpg
寺子屋ゲレンデは、やはり寒かった。。
フェイスマスクなどなかった時代、このゲレンデに行く時は、バンダナで鼻と口を覆い、
完全武装で滑っていたのだった、、。

二十代の頃、仲間たちと、週末ごとに、滑っていた頃が懐かく思い出させる風景だった。
昔、大こけして、トラウマになっている、一ノ瀬に向かう橋。
また、転けそうになったf^_^;

12360423_893164230778990_3053616143098989196_n.jpg
いつも滑っている、焼額山、奥志賀高原が、正面に見える。
まるで、ゲレンデマップのような写真、、

1917225_893164160778997_4868302300868461586_n.jpg
帰り道の夕景。
光のシャワー、綺麗だった。

明日は最終日。
晴れますように☆〜(ゝ。∂)

つづく、、、。

雪の奏 VOL.2 [今日の綺麗]

1月4日  快晴 積雪45センチ

昨日に続き、春の陽気。
1929200_893097980785615_1642560700084058312_n.jpg

標高2000メートルの頂上。寒くない。
スキージャケットが暑いほど。

12039379_893098010785612_3586920232059677792_n.jpg

1917313_893098017452278_4189379479205344908_n.jpg
澄み渡る空。

123.jpg
木々の狭間からの太陽も眩しい。

1929725_893098050785608_6613472545003282224_n.jpg
リフトの下、いつもは雪に隠れている熊笹も、こんにちわ。

64472_893098057452274_2720799497137131706_n.jpg
いつもは、雪の華に包まれるリフトの光景。
今年は、枯れ木の立ち姿の美しさに包まれる。

powder snowでは、ないけど、いつもと違うシチュエーションの中、
すべるのも、楽しいv(^_^v)


つづく、、、。

雪の奏 VOL.1 [今日の綺麗]

〜会いたい光景に会いに行く〜

今年も、お正月明けから、志賀高原へスキーへ。
お正月スキー歴35年目にして、出発前まで不運な、
はじめての、例年にない雪不足。
事前情報では、積雪35センチ。
・・・・まぁ、、何とか滑れるか、、、。
あかんかったら、長野市内観光や、地獄谷のお猿さん見にいったらええし
と、思い、いざっ、出発!!

スキー人口が減った影響なのか、今年から、スキーバスの三列シートは、
志賀高原方面の運行はなし、おまけに、トイレ付きバスも全線廃止。
なんでやねん、、、、と、少し悲しい、、、。
快適なバスライフ過ごせへんやん!!!!!!
と、言っていてもしかたないので、流れに乗り、スタンダードな、
リクライニングもありまできない、直角椅子バスを利用。
深夜9時間の旅。
毎年の慣れとは恐ろしいもので、乗車と同時に快眠、、、。
スタンダードバスでも、何とかなるものだと、ホッっ。

1月3日  快晴 積雪45センチ

947015_892614474167299_2612295833176290552_n.jpg
一部滑走不可ではあるけど、思っていたよりも、雪は有り。

1829_892614487500631_8464879284955686495_n.jpg
ふわっふわっの雪ではなく、時折ブッシュ&アイスバーン&石コロとの戦いだけど、
広いゲレンデ、夕暮れ時には、ゴンドラから下まで、貸し切り状態で、シュプール☆〜(ゝ。∂)
まるで、春スキーのような暖かさ。

252261_892614340833979_865108423882602082_n.jpg
いつもの光景と違うのは、木々に雪が積もっていないということ。
しかし、冬の木々も、美しいのだと、新たな感動。

5617_892614430833970_15944946977392740_n.jpg
雪の華の木を見つけると、嬉しくなる。

10609682_892614347500645_2090882224144272992_n.jpg
小動物の足跡。

940979_892614437500636_142325404610826667_n.jpg
煌めく雪。

雪は少なくても、雪は雪。
真珠のような煌めき。

12400521_892614390833974_7404932134723043928_n.jpg
奥志賀高原標高二千メートルから望む、遠くの山々。
いつものビューボイントだけど、何かが違う。
そっか、、、今年の45センチの積雪と、例年の145センチの積雪の上から見る風景は、
違って見えるものなのだと実感。

1日目、無事終了。
コンディション悪い雪乍ら、慣れれば、それも楽しいっ。
半年前からの、筋トレ効果で、太ももに筋力ついてきたのか、疲れないし、また、息切れしない。
からだも軽くなり、スキー満喫!

つづく、、、。